介護転職センター一覧

福祉用具専門相談員とは?

福祉用具専門相談員とは介護保険制度を利用して介護用品をレンタル・購入しようとする方に、正しい利用方法や適切な用具選びをアドバイスするお仕事です。都道府県知事が指定する研修期間で、福祉用具専門相談員指定講習を受講することで資格を取得することができます。

介護予防運動指導員とは?

介護予防運動指導員とは、高齢者のための筋力向上トレーニングや、介護予防プログラムの作成するための必要な知識やスキルを身につける資格です。近年、高齢者の介護予防への注目が高まっており、今後はさらに需要が高まることが予想されています。

重度訪問介護従業者とは?

重度訪問介護従業者とは、重度の障害を抱える方の訪問介護に従事するために必要な資格です。都道府県の指定する養成機関で研修を修了することで資格を取得できます。未経験者でも受講できるので、訪問介護に興味のある方はぜひ資格取得を検討してください。

喀痰吸引等研修とは?

喀痰吸引等研修とは、たん吸引等の一部の利用行為を行うために必要な資格です。2012年に法改正され、介護職員であっても喀痰吸引等研修を受講すれば、一部の医療行為を行えるようになりました。今後のキャリアアップを考える人はぜひ受講してみてください。

難病患者等ホームヘルパーとは?

難病患者等ホームヘルパーとは難病や疾病が原因で、日常生活を送ることが難しい患者の支援やサポートをするお仕事です。市区町村が指定する養成研修期間で研修を修了することで、難病患者等ホームヘルパーの資格を取得することができます。

レクリエーション介護士2級とは?

レクリエーション介護士2級とは、高齢者が喜ぶレクリエーションを作成するために必要な知識と技術を身につけるための資格です。高齢者とのコミュニケーションや、レクリエーション作成で悩んでいる方は、レクリエーション介護士2級の取得をおすすめします。

行動援護従業者養成研修とは?

行動援護従業者養成研修とは、知的障害や精神障害で日常生活を送るのが困難な方の援護をするために、必要な知識や技術を習得するための研修です。平成30年からは行動援護従業者養成研修を修了しなければ、行動援護サービスに従事できなくなっています。

同行援護従業者養成研修とは?

同行援護従業者養成研修とは、視覚障害者の移動の援護や、排泄・食事・移動先での必要な援護を行うための研修です。同行援護サービスに従事する方は、必ず受講しなければなりません。また同行援護従業者養成研修には「一般課程」と「応用課程」の2種類用意されています。

ケアマネージャーとは?

ケアマネージャーとはケアプランの作成や、施設との調整・連絡を担当するお仕事です。介護職員の管理や利用者と施設の調整役がメイン業務となります。法定資格を所持し、最低5年間実務経験がなければ受験できませんが、資格を取得することで確実にキャリアアップに近づくことができます。

介護福祉士とは?

介護福祉士とは福祉関連の三大国家資格の一つで、取得しておけば今後安定した雇用が保証される資格です。今後ますます介護福祉士の需要は高まることが予想されており、介護現場で働くならぜひ取得して欲しい資格の一つです。

介護職員実務者研修とは?

介護職員実務者研修を修了することで、介護福祉士の受験資格を得ることができます。介護職員初任者研修からより実践的な知識・技術を学べるので、介護業界で働こうと考えている方は、受講することをおすすめします。

介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修とは、介護業界でのキャリアパスの第一歩といえる資格です。介護施設職員の必要事項に盛り込まれていることも多いので、介護業界に転職しようと考えている方は取得しておくといいでしょう。