介護業界の面接ではどんな服装が好まれる?私服OK?スーツ?

面接を受ける女性

介護業界の面接でまず悩むのが、どんな服装が好まれるのかという問題です。

実際に働いている人たちを見ても、スーツを着ている人なんていないし、カジュアルな服装でいいと書いてるから、私服を着て行ってもいいのかも…。

と考えている方はご注意ください。

介護業界といっても面接ではスーツを着ていくのが最も無難です。

他の業界へ転職するときと変わらずに、清潔な恰好を意識するようにしましょう。

今回は介護業界へ転職を考えている方のために、面接時に好ましい服装を解説していきます。

服装以外に面接に通るコツを知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

介護職の面接を成功させるコツ!よくある質問や対策集

私服OKでもスーツを着ていくのが無難です

介護業界の中には面接時に私服OKと書いてある事業所や施設も多いですが、面接時にはやはりスーツを着ていくのが無難です。

カジュアルすぎる格好をして反感を買うことはあっても、スーツを着て行って反感を買うことはないからです。

カジュアルの定義も人によって異なるので、わざわざリスクを冒してまで私服を着る必要はないでしょう。

実際に働いている人たちは、Tシャツやジャージを着ている人も多いですが、あれは動きやすい恰好でなければ働きづらいからです。

礼節をわきまえる場ではスーツを着るのが基本なので、よっぽどの事情がない限りスーツを着ていくようにしましょう。

無地のダーク系のスーツがおすすめです

またスーツだからといって、柄やラインの入ったスーツを着るのはやめておきましょう。

面接時にはなるべく目立たないように、無地のダーク系のスーツを着ておくのをおすすめします。

一般的にアパレル系などセンスが問われる業界を除いて、服装で目立っても転職にいい影響を与えることは一切ありません。

面接を有利に進めたいのであれば、服装で評価を下げるようなことは避けるようにしましょう。

またスーツを持っていないという方は、上下セットで1万円程度のリクルートスーツでも構わないので、面接前に一着購入しておくことをおすすめします。

介護職であっても節目のときなどには、スーツの着用が必要となる場面は多々あります。

私服を着ていくべきケースは?

面接時には基本的にスーツを着ていくべきですが、もし面接のあとに職場体験実習など用意されているのであれば、私服も用意しておくべきでしょう。

ただ最初から私服で面接に臨むのではなく、私服を持参して面接の後に着替えることをおすすめします。

着替える場がないようであれば、スーツの下に肌着ではなく無地のシャツなど着ておくといいでしょう。

また私服でいいからといって、遊ぶときに着ていくような服ではなく、動きやすく汚れてもいい服を用意するようにしましょう。

初出勤時も同様に、動きやすい服装を意識するようにしましょう。

ただしいきなりジャージやスウェットを着るのではなく、まずは襟付きのシャツなどを着て、小奇麗な恰好を意識するようにしましょう。

介護業界では清潔感ある身だしなみが大切です

介護職は直接利用者の体に触れる機会も多く、何よりも清潔感ある身だしなみが大切です。

そのため服装だけでなく、爪を短く切ったり、髪型を整えたりと、清潔感ある印象を与えるように心がけましょう。

寝ぐせたついていたり、髪が目にかかっていると、相手に不潔な印象を与えてしまうので注意しましょう。

女性の場合、長い髪はまとめておき、化粧もナチュラルメイクを心がけるなどの工夫が必要です。

また介護業務では利用者との距離も近くなるので、体臭や口臭などは人一倍気に掛けるようにしましょう。

髪の毛は黒染めしていくべき?

髪を染めている方は、理想をいえば黒染めをしていくべきですが、薄い茶色程度であればそのままでも大きな問題はありません。

しかし採用担当者が高齢の場合、髪を染めている時点でダメなケースもあります。

時間やお金に余裕があるのであれば、面接前は髪の毛を黒く染めておくことをおすすめします。

またマニキュアなども担当者によっては嫌がられてしまうので、面接の前には落としておくようにしましょう。

笑顔と元気な声でアピールしましょう

介護業界の面接を成功させるためには、服装を整えるだけでなく笑顔や元気な声を出して、明るい印象を与えるようにしましょう。

介護職への転職はもちろん資格や経験があれば有利に進めることができますが、未経験者であれば人当たりの良さをアピールできれば、十分に採用されるチャンスはあります。

あらかじめ面接での自己PRなど練習しておき、自信をもって受け答えできるようにしておきましょう。

介護への転職で有利になる転職理由などは、こちらの記事でまとめているのでぜひ参考にしてください。

介護の転職で有利・不利になる転職理由まとめ

また緊張したあまり、寝不足で面接に臨んでしまうと、顔色が悪くなり元気な印象を与えることができません。

介護職は体力勝負なので、前日からしっかりと睡眠をとって、万全の体制で面接に臨むようにしましょう。