介護職はうつ病が多い!予兆を感じたら転職を考えよう!

介護職はうつ病が多い!予兆を感じたら転職を考えよう!

介護職で働いている人にはうつ病になってしまっている人が多いと言われています。

自分で自分を守る必要があるので、予兆がないかは常に確認しておくようにしましょう。

万が一うつ病の疑いがある方は、しばらく仕事を休んで転職することも考えてください。

介護職にうつ病が多い理由とは

介護職にはうつ病になってしまう人が多いと言われていますが、介護職の仕事の性質による影響が大きいと言われています。

うつ病になってしまう原因として多いのが、精神的なストレスを抱えてしまうことであり、その状況を生み出してしまうような職場が、介護業界には多いからです。

現場で働く介護職の方は、日々人間関係のストレスと戦っている状況です。

利用者やその家族からの要求が厳しかったり、現場で働いている同僚との人間関係作りに苦労したり、上司との関係がうまくいかなかったりすることは少なからずあります。

命を取り扱う仕事だからストレスを受けやすい

また、仕事内容として高齢者の介護をするのが基本であり、一つのミスが命に関わる危険性もあり、仕事に対してミスが許されない状況があるのも特色です。

些細なミスが大きなトラブルを引き起こすことになりかねないため、常に気を張っていなければなりません。

このようなストレスを受けて働いているにも関わらず、給与水準が低かったり、残業や夜勤があったりするのも精神的に負担になりやすく、全てが積み重なってきた結果としてうつ病になってしまうことがあります。

さらに主婦層が多いことから家庭でのトラブルや育児のストレスなども重なってしまっていることも少なくありません。

うつ病にならないための気持ちの持ち方

うつ病にはなりやすい性格の人もいればそうでない人もいます。

気持ちの持ち方を変えるだけで対策できることもあるので、介護職で働くときにはまずは気持ちの入れ替えをしてから働き始めるのが良い方法です。

完璧主義の人はうつ病になりやすい

うつ病になりやすい人の特徴として完璧主義を目指していて責任感が強いというのがまず挙げられます。

小さなミスをするのにも妥協できずに神経質になってしまい、ミスを起こしてしまったことを忘れられずにいつまでも悔み続けてしまう傾向があります。

責任感が強すぎる人ほど失敗を引きずってしまいがちなので気をつけなければなりません、介護の仕事に責任感は必要ですが、度が過ぎるのは問題になってしまいます。

このような性格の人は気持ちの切り替えをできるようにするだけでもストレスを緩和できます。

ネガティブ思考の人も要注意

また、もう一つのうつ病になりやすいパターンとして挙げられるのがネガティブ思考になりがちな性格です。

物事を悪い方向で考えていってしまうと小さなストレスを増幅させていってしまいがちになります。

人間関係を作る上でもあまり周囲から好まれないため、余計に職場での居場所を失ってしまうのが一般的です。

普段から前向きに物事を捉えるように努力することが重要になります。

それがなかなかできないという人は目線を上に向けたり、胸を張って歩くようにしたりすると改善できることがあります。

自分に自信を持つよう心がけるのが解決策になるので、そのきっかけ作りとして新しい趣味を始めるのも良い方法です。

趣味をすることが息抜きや気持ちの切り替えにもなるので効果的な対策になります。

自分でチェックをして診断する習慣が大切

ストレスは溜め込んでしまっても気づいていないということがよくあります。

定期的に客観的な視点からセルフチェックを行ってストレスをどれだけ受けているかを確認することが大切です。

インターネット上でもストレスチェックとして一般的に用いられているチェックリストが公開されているので、自分でチェックしてみて診断する習慣を付けましょう。

頭痛や身体のだるさ、寝付きの悪さなどの自覚症状を聞くものや、体重の増減などの客観的な変化を問うものなどが盛り込まれていて、色々な角度からうつ病になってしまうリスクが高い状態かどうかを確認することができます。

最終的にはスコア化することができるようになっていて、そのスコアに応じてうつ病になるリスクについて評価できるようになっているのが一般的なチェックリストです。

スコアが悪い方向に向かっていくようであればあまり理想的な職場で働いている状況ではなく、ストレスが増えてしまっていると考えることができます。

その場合には速やかに対策を立てて自分の精神的な健康を保てるようにしていかなければなりません。

転職によって解決できるうつ病

介護職になって働いているのが原因でうつ病になってしまいそうになったとしても、定期的にチェックをしてその予兆に気づくことができれば解決するのはそれほど難しいことではありません。

転職をするだけで問題を解決してそのまま介護職で働いていくことができるからです。

介護職で働いていて生じやすいストレスは、ほとんどが職場の雰囲気によって影響されています。

人間関係でトラブルが生じているという場合には別の職場に行くことによって解決できる可能性が十分にあるでしょう。

職場によって仕事の仕方の風習にもコミュニケーションの取り方にも違いがあるので、自分の性格で馴染みやすい職場を選べば付き合いやすい人たちに囲まれて仕事をすることができるからです。

介護の仕事はきついと思い込んでいるあなた。この記事では楽に働ける介護施設・事業所の見分け方を紹介しています。統計的に見ても、過酷な労働環境で働いている介護職はごく一部で、楽に働ける転職先は意外とたくさんあるものです。

転職先が変わると利用者も変わる

利用者やその家族とのコミュニケーションで問題が生じていたとしても、勤める介護施設の種類を変えると利用者が大きく変化するので付き合いやすさが変化します。

要介護度の違いや病気の有無などの違いがあると会話のしやすさにも違いがありますが、働く地域をかえてみると人柄も大きく違うので働きやすくなることも珍しくありません。

職場の種類をかえると仕事内容も変化するので仕事から直接受けるストレスについても緩和できる可能性があります。

給与・待遇・勤務状況も変わる

また、給与や勤務条件に関する問題は転職によって容易に解決することができる点です。

ある程度の現場経験を持っていたり、仕事をしている合間に資格を取得していたりすると高い給与で雇ってくれる職場が見つかります。

忙しさに苛まれているようなときにも勤務条件はかなり緩和することが可能です。

夜勤なしや残業なしの待遇でも働けますが、夕方以降の勤務をなくしたり、休日を週末のみにしたりすることもできます。

希望に応じた待遇の勤務先を見つけやすいのは介護業界のメリットなので、不満を解消できる求人を探し出すのが肝心です。

カウンセリングを受けるのも考慮するのが重要

セルフチェックを行った結果としてうつ病になるリスクがあるとわかったり、何か自覚症状があったりする場合にはカウンセリングを受けるのも重要な選択です。

転職のときに何を条件にして次の職場を選んだらストレスがなくなるのかがわからないという場合もあります。

ストレスを受けている原因を究明するのに役立つのがカウンセリングであり、何度か通ってみると具体的に何が不満に感じられていたのかも明確になるのが一般的です。

うつ病が懸念されたときだけでなく、ストレスを感じられたときには心療内科やカウンセラーを訪れてみるのが良いと言えます。

前向きな姿勢があるうちに転職が得策

介護職にうつ病が多いというのは確かではあるものの、病気になってしまう前に対策を立てることができるので心配はいりません。

仕事の性質上、ストレスを受けやすいのがうつ病の人が増える原因ですが、気持ちの持ち方や職場の選び方によって解決することができます。

定期的にストレスチェックを自分で行う習慣を作って、うつ病になるかもしれないと懸念されたら転職をして不満を解決すれば問題ありません。

何がストレスの原因になっているかわからないというときにはカウンセリングを受けてみるのも良い方法であり、原因を究明して具体的な転職先への希望を決めることができます。